冷えの原因は様々

冷え性には原因がいくつかあります。

主な原因は以下の通りです。

 

・服装
もちろんですが薄着です。
冬でもファッションのためとミニスカートなどのように肌を露出していたり、するのはもちろん冷え性の原因になってしまいます。
他にも矯正下着などのように体を締め付けるような服装は良くありません。
体にぴったりした服装もあまり良くありません。
体を締め付けるような服を着ると、皮膚の感覚が乱れてしまいます。
皮膚の感覚が乱れると寒いと感じる感覚が鈍くなり、体温調節の機能が上手く働くなってしまいます。
そのため、体が冷えてしまいます。

 

・筋肉量の低下
特に女性に多いのが筋肉量の低下です。
筋肉量が少ないと、筋肉運動による発熱量が少なくなってしまいます。
血量も減ってしまうため、体を温めることがしにくくなってしまいます。

 

・生活環境
エアコンなどで気温が一定に保たれている部屋で仕事をしている人は、冷え性になりやすくなります。
それは外に出た時の温度差が大きくなってしまい、体温調節をする自律神経が乱れてしまいます。
そうなると、夏場でも冷え性になってしまいます。
最近夏でも冷え性の人が増えたのはそのためです。

 

・ストレス
ストレスも生活環境同様に自律神経を乱してしまいます。

 

・女性ホルモンの乱れ
女性ホルモンが乱れてしまうと血液の流れが悪くなり、冷え性になってしまいます。
更年期の方やストレスの多い人は起こりやすくなります。

 

・食事
気が付かないうちに体を冷やすような食べ物を摂っていると、中から体を冷やしてしまうことになります。
チョコレートなどがそうです。
チョコレートは体を冷やすだけでなく、血液をドロドロにする効果もあり血液循環が悪くなってしまいます。

 

 

実は病気かも・・・

ただの冷え性と思っていると意外な病気が隠れているかもしれません。
貧血甲状腺機能低下症閉塞性動脈硬化症などがあります。
冷え性対策をおこなってもなかなか解消されない時は、このような病気を疑ってみた方がいいかもしれません。